インターネットを活用すると世代・地域を超えたビジネスができるかも!!

年金支給75才説が出ていましたが

いつの間にか雇用保険の年齢枠が広がっていました。

当然、65歳以上の労働人口が増えたため

必要だから65歳以上でも雇用保険の加入が

可能になったですが・・・


でも、これでは環境を整えたから

いつまでも頑張って働いて

年金の支給はもう少し後でもいいですよねって

言っているような感じがしますが・・・




都市部では仕事があるかもしれませんが

地方ではどうでしょう?



賃金も、都市部と地方では都市部の方が賃金が高い。

でも、物価は地方が安い。

物価は安くても、仕事がなくて年金支給年齢が

どんどん高くなっていったらどうなるの?

年金支給年齢まで、どうやって生活するの?

貯金がいっぱいありますか?




都市部と地方で賃金の格差があっても

年金を受け取るようになったら

年金額は全国一律の基準です。

しかも、年金は2度、支給率が下がりました。

少ない年金で生活するなら

物価が安い方が住みやすいかも!?



これは単純なお金の計算だけで

実際に住み慣れた場所から離れて住み替えをすると、

生活のリズムも地域との交友関係も全て作り直し。

意外と労力が必要ですよね。



であれば、できるだけ若いうちに、

住み替えができれば負担が少なくなるかも?


でも、それこそ地方に行って、仕事はあるの?

賃金は今より悪くならない?

色々な心配がありますよね・・・

高齢者の雇用確保が優先されたら

若い世代に仕事がまわってくるかどうか?


でも、逆に若い世代を優先すると

シニア世代に仕事がまわってくるか?

物価が安い、というメリットだけでは

生活が全て上手くいくとは限らないですよね。

ひらめき.jpg













そうすると、自分で仕事を作り出さなくては!!

という考えが出てきます。

でも、起業するにも資金もかかるし

それこそ、人口の多い都市部で起業するほうが

有利だと思いますよね。

でも、都市部では物価が高い。

起業し始めのころは、収入が安定するかどうか心配・・・



1つの考え方で、インターネットを活用すると

仕事の仕方に広がりが出てきませんか!?



インターネットで仕事ができると

どこに住んでいても仕事ができるし

報酬も変わらずなので、

賃金のことでの不安は解消できますよね。


インターネットでビジネスができるようになると

生活スタイルの幅が広がって楽しいですね。


今は年齢に関係なく、ビジネスをする場所も関係なく

そしてビジネスツールやマニュアル、サポートが

しっかり揃っているビジネスがあります。


そのビジネスモデルを活用して

自営の方や経営者の方が副業として活用したり

忙しい主婦の方々が十分な収入を作り出しています。


自宅でパソコンを使って好きな時間にビジネスをして

しっかりと収入が得られるビジネスモデルがあります。


そのビジネスモデルを活用すると

地方でも、都市部でも関係なく

そして年齢も関係なくビジネスができて

安心できる収入が作り出せるかも!?


しかも、人との関わりがあるから

友人が増えて、さらに健康にもなれる!!


年金が心配の意識から、

年金がおまけくらいの意識変わるかも!!

そのビジネス、試してみる価値大ですよ。





インターネットを活用して生涯現役で
年金いらずの収入を得るためのノウハウとは?
aquab07-006改2.jpg









『ニート』→『ネオニート』→『在宅勤務』『自宅開業』インターネットの効果は大きい!!


在宅勤務も当たり前の時代になり、

他人から見ると、『あの人働いてないの?』

というくらい、悠々自適な感じで生活している人

周りに増えたと思いませんか?

『何だか働いている感じがしないんだけど、

何で新築の家が建てられるの?』

と不思議に思ったこと、私もありました。



今は死語になったかもしれませんが

『ニート』という言葉がありました。

何をやって稼いでいるかわからいない人と

『ニート』は他人からみると同じように

見えるかもしれません。

本質は全く違うのですが・・・

光のプリズム.JPG














一応『ニート』定義づけとしては、こうなるそうです。

『学生なく、就労に関する訓練を受けていない状態で

どこにも「雇用されていない」者』を言うそうです。


『ニート』という言葉、就職氷河期に多く聞かれました。

言葉は時代を表しますね。


就職氷河期に企業へ就職することを諦め、

自分で収入を得るための活動を行い、

親や同世代以上の年収を稼ぐようになった

ニートの人たちがいます。


それが『ネオニート』です。


『仕事を持っていない』『雇用されていない』という

ことではニートと同じですが、格段の違いは

『ネオニート』には十分な収入があるということです。



会社などで働かず、自宅にいながら

会社員以上の収入を得ている人もいます。

『ネオニート』は自分の力で生活を維持し

そのための労力を惜しむことはないという

新しいタイプとして登場。

でも、あまり良い印象がなかったかも?

そして、『ネオニート』の人の収入源は?


オニートの人はパソコンとインターネットを


活用して大きな収入を稼ぎ出していました。



どんなビジネスモデルで稼いでいたのか?


ビジネスの内容は、今と大きく変わりはないようです。


だったら今でもインターネットで稼げる方法があるのでは?



そうなんです。


今の方が色々なツールやアイテムがあるから


インターネットの活用の幅が広がっています。



そんなインターネットを活用して


まずは十分な交際費分を稼いでみませんか?




便利で効果が大きいツールなら

活用しないのは損しちゃうかも!!

aquab07-006改2.jpg






若い世代はパソコンが使えない!?でもSNSを使うのは上手!!

ニュースでもありましたし、

私の弟も言っていましたが

『最近の若い世代はパソコンが使えない?』


でも、よくよく考えてみると

今はスマホで何でもできるから

パソコンを使う必要性がないのですね。

必要がないなら、使わないから

使えないないのは当然。


でも、生活には困らない。

就職してみたら仕事ではパソコンを使うので

就職してから初めてパソコンを触るという人も。
パソコンとコーヒー.jpg












パソコンができない人は就職に不利?

パソコンができれば尚可という程度でしょうか。

就職してからでも、若い世代ならすぐに憶えるので

何の問題もないかも!?

しかも、若い世代はネットを利用するのが上手ですね。

SNSの種類の広がりも早いこと。


どんどん人の生活スタイルは

変化しているのですね。


今はスマホだけでもビジネスができる

という業種も出てきました。


何が自分に合っているのか?

選択肢は広がりましたね!!



インターネット活用型
ビジネス成功術とは!?


口コミ苦手!時間がない!! そんなあなたでも成功できる方法とは?