男女で収入差がないビジネスってある?女性が成功しやすいビジネスとは?


男性と女性の給与の差はどれくらいでしょうか?


ある調査では、こんな結果が・・・

男性が10とすると、女性は7という

割合に留まっている現実。


これでも20年前から比べると

当時の割合は10:6だったので

少しだけ縮小しましたが・・・


国内基準だけではなく世界に目を向けると

10:8〜9という結果があります。


日本は男女の給与の差が世界基準に達していないという現実。




日本の給与の算定基準の柱が

主に『職位や階級』『勤続年数』となっています。


この基準はどうしても女性には

不利になる可能性が高いですよね。


特に出産・子育てとなってくると

勤続年数や勤務時間に影響が出ます。

そのため階級も上がりにくい状態に…


そうすると給与水準の差が生じてしまうというのが現状…

それでも、今は人材不足の時代。

産休・育児休暇明けの女性にも復帰の機会は増えてきましたし

待遇面も休暇を取得する前と同等に保つ企業も増えてきましたが、

賃金は上がるのか・・・というと

少しは上がるでしょうけど

新卒の社員獲得に力を入れるので

賃金の差が小さくなるかと言うと

必ずそうとも言えないのが現状ですよね。


そして、結果的には女性が被害的な給与格差を受ける状況に…



勤続年数や階級に関係なく

男女の給与水準の格差がないビジネスはあるの?


女性ガッツポーズ.jpg














MLMであれば勤続年数関係なし!!

タイトル獲得もその人のペースであって会社の都合ではない!!


一定の基準に達するとみんなタイトルが獲得できる!!



しかも、産休の時も育児中もビジネスができる!!

インターネットを活用するので

好きな時間に自宅や好きな場所でビジネスができる!!


報酬は男女・経験年数関係なく同じ。

あとはどれだけ自分が工夫をできるかだけ。

MLMは女性の成功者が続出しているビジネスモデル。

女性が取り組みやすいビジネスという特徴があります。



でも、インターネットで仕事をするには

特別な知識や技術が必要なのでは?

今はビジネスがしやすいマニュアルや

ビジネスツールが揃っていて当然。


だから、スムーズにビジネスに取り組めますよ。

MLMは色々な会社がありますが

私のおススメを無料のメールセミナーでご紹介します。
aquab07-006改2.jpg








私もこのビジネスノウハウで

無理なく楽しくビジネスができています。

空いた時間にカフェでビジネスをすることもあれば

夜中に目が覚めて眠れなくなった時に

ビジネスをすることも・・・


電車でのちょっとした移動中でも

スマホやタブレットでもビジネスができる

お手軽でシンプルなビジネスノウハウがあります。


そして、なかなか良い収入を私ももらっています。

臨時ボーナスが出るときは、ちょっと嬉しいです。

試してみる価値あるので、おススメです☆




忙しいママの成功者が続出!!
インターネット活用型MLM成功術!!


消費支出が連続で減少…物価上昇…生活苦の二重奏!?


消費支出が5ヶ月連続で減少・・・

景気が良い!!という話、ありましたよね。

本当に国民は潤っている??


そこへ台風の影響で物価上昇・・・


節約生活が続いている中

さらに物価上昇の負担が・・・

我慢ばかりでは、つまらないですよね。


でも、収入は変わらず・・・

ものすごい贅沢はできなくても

「プチ贅沢」くらいはしたいですよね!!


でも、そのためには収入を増やさないと!?

収入を増やすとなると、副業という言葉が

イメージされるのでは!?
小銭とお札.JPG












今の生活状況で副業ができる時間がありますか?


今は確かに本業を終えた後の

深夜のコンビニでアルバイトをする人が

増えているとのことです。


本業後、深夜のアルバイトは

体力的にも精神的にも

大きな負担になるかも!?


休日のみ、副業をする人もいますが

これも休みなしで働くことになるので

負担が大きくなりますよね。


深夜も休日も体の負担は大きいです。

無理がたたって体調を崩して本業まで

できなくなったら『本末転倒』



体に無理なく、空いた時間を有効に使って

副収入を得るというノウハウが

今はたくさんあります!!


インターネットを活用して

プチ贅沢ができるくらいの収入

稼いでみませんか!?



今さらながらノマドワーク
副業でしてみませんか?









最低賃金が1,000円になったらみんな潤うかな!?

日本弁護士連合会の中本和洋会長が国に提言!!

その前に、そんな方針が示されていたなんて

詳しく知らなかった!!



政府は2020年までに

最低賃金を1000円にする

新成長戦略(2010年に閣議決定)

掲げていたのですね。


中本会長は最低賃金を1000円にするためには

「1年当たり50円以上の引上げが必要!!

中央最低賃金審議会は本年度、全国全ての地域において、

50円以上の最低賃金引上げを答申すべき」と提言。
小銭とお札.JPG












現在の労働人口の構成は

最低賃金水準で働く労働者層の中心は非正規雇用。

非正規雇用は全雇用労働者の4割に増加。

その中で女性の割合が多く、若年層で急増しています。

さらに、貧困率が過去最悪の16.1%にまで

悪化していのですね。


約5人に1人が貧困状態!!

貧困層の特徴も、性別・世代に偏りがなく

女性、若者層でも深刻な状態に!!


この状態を解消するために

最低賃金を1000円にすると

本当に貧困が解消されるのかな?


企業にそんな体力があるのかな?

経済活動は大丈夫?

外国では確かにフランスが日本円で約1200円

イギリスが約1100円という高い水準。


日本の現在の平均最低賃金は約800円・・・


あと300円以上の最低基準引き上げ、

できればいいですが、企業が圧迫されたら・・・

人材不足が深刻な業界はさらに打撃が・・・


しかも、雇用が非正規のままでは不安定!!

1つの仕事だけでは厳しいかも?

ダブルワークがスタンダードの時代になる?



ダブルワーク、このノウハウならいいかも!!
無理なく最低賃金を超えるノウハウとは!?







続きを読む
口コミ苦手!時間がない!! そんなあなたでも成功できる方法とは?